Tap to close

川崎選手が自律神経の乱れで退団する際に思うこと

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

川崎選手が自律神経の乱れで退団する際に思うこと

今週の初めにプロ野球ソフトバンクの川崎選手が自律神経の乱れによる意欲低下を理由に退団されました。

以下朝日新聞デジタルからの抜粋です。

川崎は球団を通じ、「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません。悩んだ末、この度、ホークス球団と協議して自由契約という形で、野球から距離をおいてみようと決断しました。

以上

自律神経の乱れ改善を専門にしている私にとっても、無関心でいられない出来事でした。

川崎選手はアメリカのメジャーでも活躍した名選手で、海外のチームにも馴染むのが早く、ムードメーカーとしても知られていました。

そのことからもハートが強いと思われ、そんな人でも自律神経が乱れることを以外だととらえている方が多いようでしたが、以外でも何でもありません。

どんな人でも自律神経は乱れる可能性はあるのです。
普通の人より少しこの分野で詳しい私でも例外ではありません。

むしろ、普段から大丈夫と思われている方のほうが、自律神経を乱れさせてしまうと、改善まで時間がかかります。

川崎選手の場合も、一旦退団してしっかり治す必要があるくらい、今きつい状態なのでしょう。

すべての荷物を降ろした川崎選手が、徐々にで良いので回復されるのをお祈り申し上げます。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 営業時間
  • 電話予約