Tap to close

あなたのストレスは心の疲れ?体の疲れ?

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

あなたのストレスは心の疲れ?体の疲れ?

ストレスが自律神経の乱れの原因だと当院はとらえているのは、皆さんご存知の事と思います。(知ってますよね?(;^_^A)

そのストレスを解消する方法について、スキージャンプの”レジェンド”葛西選手が本で以下のように述べています。

少し長いですが、分かりやすく書かれているので引用させていただきます。

ココから

ストレスというのは、その原因も含めて漠然としていることが多いものですが、ストレスを減らすアプローチの仕方はいたってシンプルです。

「脳を疲れさせない」「脳を休める」。
これに尽きると思います。

疲れを感じたとき、「体を休めよう」と思う人はいますが、「脳を休めよう」と考える人は意外に少ないのではないでしょうか。

休日は一日中、家でゴロゴロしていたのに、翌日になってもまるで疲れがとれていない・・・。こうした状況は40歳を過ぎると増えてきます。

体を休めたことで休養した気になっていても、同時に脳も休めなければ疲れはとれません。

せっかくの休日なのに、仕事のことがあれこれ頭をよぎると、脳を休めたことにはならず、リラックスできません。

逆に、体は動かしていても、脳をしっかり休めさえすれば、おもしろいように疲れは吹き飛びます。

脳は、体以上に疲れているともいえます。

最近、「疲れがとれにくくなった」と感じている人は、体よりも脳を休ませる意識をもってください。

40代からのストレスを減らす第一歩は、とにかく仕事のことを考える時間を減らし、「脳を休ませる」ことだと私は思います。
_______

「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

葛西紀明 著 東洋経済新報社

以上

疲れているからと言って、体を横にしているだけでは、疲労は抜けません。

適度に体を動かして、脳の疲労を取ることがストレス解消にもつながります。

もちろん体力的に疲れている時は身体を休ませる方が効果的ですが、ダルいとかモヤモヤは、頭や心の疲れでしょうから、そんなときこそ軽い運動が良いのです。

自分の疲れは、脳から来ているのか肉体の疲労かしっかり見極めましょうね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 営業時間
  • 電話予約