Tap to close

自律神経の乱れのサインと改善法

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

自律神経の乱れのサインと改善法

自律神経が乱れると、色々な症状が出てきます。
まず原因不明の倦怠感が始まり、吐き気・のどの詰まり等体に違和感を感じ始めます。

それの次は、動悸やめまい・不眠などの内科的症状になります。
そして最後に焦り・不安感・意欲の低下などの精神的症状が強くなり、うつ病やパニック障害といった病名がつくことになるのです。

うつ病・パニック障害・不安神経障害など、付けられる病名は違いますが、症状としては似ているところも多々あるのは、原因が自律神経の乱れから来ているからともいえます。

そして自律神経の乱れる原因は、体の疲れや精神的ストレスが重なることで起きるものです。

1日や2日くらい倦怠感があっても良いのですが、2週間連続で続くと、自力で良くなることは難しいと言えるでしょう。

体の倦怠感を感じ始めたら、まず体が欲しがっていることをしてあげましょう。

眠いなら沢山眠り、休みたいなら体を休めてください。
自分の心身に耳を傾けてください。

それを満たしてあげることが、自律神経改善に必要なことですよ。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 営業時間
  • 電話予約