Tap to close

セロトニンを増やす材料であるトリプトファンを知ってますか?

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

セロトニンを増やす材料であるトリプトファンを知ってますか?

気持ちをリラックスさせるための脳内物質として、セロトニンが必要というのをご存知の方は多いと思います。

これが不足すると、脳が緊張しやすくなり、自律神経が乱れやすくなるとともに、うつ病やパニック障害、不眠症といった症状になってしまいます。

ということは、セロトニンは沢山ある方が良いですね?
そのセロトニンは何からできているかご存知ですか?

それはトリプトファンというアミノ酸です。

セロトニンを増やすためには、原材料であるトリプトファンを含む食物を沢山食べる必要があるというわけです。

トリプトファンは牛乳から発見されたアミノ酸の1種です。
簡単にアミノ酸について説明しますね。

人の体は主にタンパク質からできていますが、このタンパク質の構成成分がアミノ酸なのです。

自然界には数百種類のアミノ酸が存在しているといわれますが、人の体を作っているアミノ酸はわずか20種類。

そのなかでも体内で作られない9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸と呼んでいます。トリプトファンはこの必須アミノ酸にあたる重要なアミノ酸です。

必須アミノ酸は食事やサプリメントを通して毎日摂取する必要があります。

心身の健康に直結する栄養素でもありますので不足しないように注意しましょう。

トリプトファンは牛乳、チーズ、大豆製品、魚、卵、肉といった食べ物に多く含まれます。

さらにバナナやナッツ類、小麦胚芽にも豊富です。
不眠にホットミルクといわれるのも、牛乳に含まれるトリプトファンの効果を期待してのことです。

ですが、トリプトファンをたくさん食べるだけで良いのかというと、そうではありません。

トリプトファンがセロトニンに変えるためには、30分以上運動づることと、日光に当たることが必要です。

こういうことで、当院では午前中に日光に当たりながらウォーキングするのをお勧めしています。

また、このトリプトファンは、夜になるとメラトニンに変わります。メラトニンは別名睡眠ホルモンとも呼ばれ、熟睡しやすくなる物質です。

ぜひトリプトファンが含まれる食べ物を食べて、午前中に軽い運動をしてください。

きっとリラックスしやすくなりますよ。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 営業時間
  • 電話予約