Tap to close

症状に振り回されてませんか?

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

症状に振り回されてませんか?

体調が悪くなると、常に症状を意識し続けることはありますか?

そうですね。よく頭痛を起こすのですが、”今頭痛は大丈夫かな?”と確認することはあります。

意識するのは当然ですが、あまりの過剰になると症状に支配されてしまいますよ。

症状に支配されるってどういうことですか?詳しく教えてください。

 

症状に支配されると…

症状をどう感じるか?


毎回施術する前、患者さんとお話ししますが、症状の感じ方について二通りの反応があります。

感じた症状について、詳しくお話ししてくれる方と、症状はあったものの、いつどれだけ苦しかったのかはっきり覚えていない方です。

言い方を変えれば、症状に大きなストレスを持っていて、常に気にしている方と、症状はあるものの、気にしていない方との違いといえるでしょう。

この違いは、症状のきつさだけが原因だと思われるかもしれません。勿論それもありますが、実はそれだけではないのです。

気にしていない方は、症状に「支配」されていないという状態になっているのです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんので、もう少し詳しく説明しますね。

 

症状に支配されている状態

「支配されている」とは、以下の状態を言います。

1.症状が出てないかを何度も確認している

2.自分が感じる不安感を、何とか取り除こうとする

3.常に症状を気にしないように、気にしないように、と思っているため頭から症状に対する不安感が離れない

 

症状に支配されてない状態

一方、「支配されていない」というのは以下のような状態です。

1.普段は症状をすっかり忘れている

2.症状が出ても、客観的にとらえている

3.何とかなるという根拠はないが楽観的になっている


一言で言うと、不安なことについて考えている時は、「支配されている」状態で、不安なことについて考えていない時は、「支配されていない」状態とお考え下さい。

まだ自律神経が安定してない時期は、どうしても不安について、いつも確認したり、考えたりしてしまうからです。

どうしても、症状が辛いと、症状に意識を向けてしてしまいますよね。それは当然のことです。

だって、それだけつらい中で毎日頑張っているのですから、仕方ありません。

決して、不安や症状に意識を向けることを、ダメだと言っているのではありません。

意識を向けてしまうのは、それだけ我慢を続けていたからであり、まだ不安定だということです。

 

支配されていると何が問題か?

ですが、憶えていてほしいことがあります。
自律神経の乱れにより不安や各種症状にはある特徴があるのです。

それは、症状に意識を集中すればするほど、症状は増していくということです。

なぜなら、症状に意識を集中すると、それがあなたのストレスとなり、不安となるからです。

では、「支配されない」ためには、具体的にどうすれば良いでしょうか?

 

支配されない方法

簡単ですが、効果的な方法を一つお伝えしますね。
それは「思い切り、自分の好きなことをする」ということです。

もし映画が好きなら、フラッと映画館に行くのも良いですし、体を動かすのが好きであればスポーツをするのも良いでしょう。

動物が好きな人は、動物とたわむれに行きましょう。

私の場合は、散歩が好きなので、休日の早朝に時計は持たずに気ままに歩きに行きます。^^

私は好きなものが何もない…ということでしたら、気持ちがいいと思えること、例えばお風呂などでも構いません。

人間は、自分の楽しいこと好きなことをしている時は、その瞬間だけでもそちらに意識を向けることが出来ます。

その「ちょっと忘れる時間」が大切なのです。
この時間を少しずつ少しずつ増やしていきましょう。

もちろん、施術で行っている脳のクリーニングも効果が大ですが、普段自分でできることとして、好きなことを思い切りやるというのも大事なことです。

症状が辛くて今は、そんなの無理です!、と思われるかもしれませんが、でも大丈夫です。

正しい方法で、できることをコツコツとやっていけば、必ず改善できますよ。

是非、お試しくださいね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 営業時間
  • 電話予約