Tap to close

エアコンと体温と睡眠

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

エアコンと体温と睡眠

体温調整機能とエアコンと睡眠

9月も半ばに入って少しずつ涼しくなってきましたが、まだまだ日中は暑い日が続いています。まだまだエアコンには活躍してもらわなければなりませんね。(;^_^A

エアコンのなかった時代

そのエアコンですが、付けたままにして寝ると冷えたり、
起きた時に怠いということはありませんか?

その理由は、人間の体温調整と関係します。
エアコンのなかった時代の人間は、暑くても寒くても何とか工夫してそれに耐えるしかなかったのです。
私の子供時代はそうでした。^^

今ではエアコンのおかげで快適にはなりましたが、その代わり体温調節機能が発揮しにくくなってしまったのです。

エアコンで身体のリズムはどうなるの?

自然では気温が常に一定になっていないのが当たり前ですが、エアコンのついた部屋では、寝た時の部屋の温度と起きた時の部屋の温度が同じです。

それでは、体温調節機能が上手く働きません。
そのため、本来なら朝に体温上昇が起きるはずが上昇せず、その結果、目が覚めても体が動きづらいのです。

睡眠と体温の関係

自然でも気温は1~2度程度の変化ですが、この変化が睡眠時の体の体温リズム睡眠リズムを整えていると言われます。

なお、これは睡眠時だけではなく、昼間も常にエアコンの部屋にいると同じことです。外の光の強さと気温が違うので、脳や皮膚が誤作動を起こして怠さを感じます。

それなら、みんなエアコンを止めた方が良いのかというとそうではありません。
熱中症の危険もあるので、エアコンは使用した方が良いのですが、24時間つけ続けには気を付けた方が良いという意味です。

自律神経と温度

それに、これは健康な人に対することで、病気や自律神経失調症の人はあてはまりません。

温度変化もストレスなので快適な温度環境に居ることが
体を修復、回復しますので、入院病棟はほぼ一定なのはそのせいです。

涼しくなったら、エアコンの時間を少しずつ減らしていきましょうね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 電話予約
  • 営業時間