Tap to close

原因不明のめまいの正体

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

原因不明のめまいの正体

自律神経の乱れによるめまい

自律神経失調症の代表的な症状に「めまい」があります。
めまいがつらくて、”これさえ無ければ他のことは我慢できるのに”と言われる方も沢山おられます。

検査をしても異常なし

自律神経の乱れが原因で、めまいが出る場合は、病院でいくら検査をしても異常が発見されません。

こういう場合は、病院では疲れですのでしっかり休養を取ってくださいで終わることが多いようです。

もちろん、疲れが取れればめまいが治まる場合もありますので、この指示は間違っているわけではありませんが、休養してもめまいが取れないときは困りますよね。

こんな時は、自律神経が乱れている可能性もあるので、それを整えることも選択肢の一つに入れていただければと思います。

めまいの種類

めまいと一言で言っても、いろんな種類があります。
ここでは、めまいを分かりやすくするために、3種類に分類しますね。

1.ぐるぐると回る「回転性のめまい」
2.雲の上を歩いているようなフワフワする「動揺性のめまい」
3.脳が虚血状態になっているめまい

それぞれを説明していきます。

1.回転性のめまい

回転性のめまいで有名なのがメニエールです。
メニエールは、平衡感覚をコントロールする内耳の部分に
リンパ液が過剰に集まることにより、めまいが起こります。
原因の一つに、自律神経の交感神経が過剰に働くというのがあります。

交感神経が過剰に働くと、免疫機能が過剰になり「炎症」を起こしやすくなります。

炎症部分にはリンパ液が集まりやすくなりますので、内耳に炎症が起こると内耳にリンパ液が溜まり、めまいが起こるというわけです。


2.動揺性のめまい

動揺性のめまいは、グルグル回るというよりも、フワフワと雲の上を歩くような感覚を感じます。

当院にお越しの方の中では、このフワフワ感を感じる方が一番多いように思います。

フワフワと感じるのは、全てのケースではありませんが、小脳の働きが低下するとフワフワするめまいを感じやすくなります。

もし小脳に何か病的な異常がなければ、小脳に十分に酸素が届いていないことが原因です。


3.脳が虚血状態になっているめまい

このめまいは、小脳だけではなく脳全体の虚血状態になることで起こります。

起立性調節障害や低血圧により、フラフラするようなめまいが起こります。

あるいは手足に力が入りにくくなり、フラフラすることもあります。

このめまいは、うつ病の方に多いように思います。

めまいの原因

いずれのめまいも多くの原因は、脳に酸素が十分に届かないことで起こります。

つまり、これは血液が十分に流れていないということです。

もっと詳しく言うと、交感神経が過剰に働き血管が細くなることで起こっているのです。

つまり、3種類のいずれのめまいも交感神経が過剰に働くことが原因になるのです。

自律神経を安定させるためには、緊張させる神経である交感神経を鎮めてリラックスさせる副交感神経を上げる事が必要です。

当院では、交感神経を安定させて、副交感神経を高める施術を目的としていますので、めまいの改善にも有効です。

現代のストレス社会では、「いかに交感神経を鎮めるか」が健康の秘訣の一つになるのですね。

交感神経を鎮めるには、日々意識して大きな呼吸を続けることも重要です。

どうぞあなたもやってみて下さいね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 電話予約
  • 営業時間