Tap to close

軽い不眠症ならツボが有効です。

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

軽い不眠症ならツボが有効です。

不眠症改善に有効なツボ

不眠でお困りの方は沢山おられます。
当院にも大勢の患者さんが来られますが、原因は緊張神経である交感神経の過剰な反応です。

その交感神経の過剰な反応が治まれば、リラックスしやすくなり睡眠も取りやすくなります。

今回は、ツボを使ったリラックス法を紹介します。
軽い緊張なら効果が出ますので、お試しくださいね。^^

 

丹田(たんでん)

丹田は、おへその3~5cm下あたりにある場所に位置するツボです。
刺激法
不眠症に絶大の効果を発揮するのが丹田のツボを利用した「丹田呼吸法」です。やり方は図のようにあぐらをかき、両手を重ねた※状態で丹田の上に置いてリラックスします。
その後、眼を閉じて丹田を意識しながら精神を集中させてください。興奮しているエネルギーを丹田に持っていき、心と体を充分に落ち着かせてから布団に入れば、知らず知らずのうちに眠気に誘われて熟睡間違いなしです。
:女性は右手を下、男性は左手を下に重ねます


失眠(しつみん)

失眠は、高ぶった神経を落ち着かせて眠気を誘うためのツボであり、足裏のかかと中央の少しへこんだところにあります。
刺激法
効果的な刺激法は、握りこぶしを作った手で失眠を20回程ゆっくり叩く方法が効果的です。
また就寝前に、図のように布団の上に仰向けに横になり、両膝を立ててかかとを布団に擦りつけます。リラックスしてゆっくり行うのがコツです。眠気をもよおしたらそのまま眠ってもいいようにパジャマに着替えてから行いましょう。

ひどい不眠症の場合、紹介したこれらの方法では、改善しない場合もあります。
そういうケースだと、体全体から原因をチェックして心身共に調整することをお勧めします!

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 電話予約
  • 営業時間