Tap to close

ストレスが溜まる理由

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

ストレスが溜まる理由

山形からのメール

なぜ自分を責めるか?

先日、山形県の方から質問メールが来たので、了承いただいた上でブログやlineで公開しました。

読んでおられない方は、以下のブログを読んでくださいね。^^
https://oska-joto-chiro.jp/archives/4806

簡単に説明すると、”仕事がストレスになっており、それが原因で体調不良にもなっているが、自分の甘えかもしれない。辞める決断が自分ではできない”という内容でした。

それに対する私の答えは、ブログを読んでいただければと思います。

これを公開したのは、多くの方が同じことで悩まれているからです。

今回のメルマガでは、もう少し詳しくこのことについて書いてみたいと思います。

やらねばならない事と本当にやりたい事

人間の健康バランスは以下の2つのバランスから成り立っています。

・やらなければならないこと
・体が求めていること、したいこと

1つずつ説明していきましょう。
やらなければならないことは、社会で生きていくために必要なことです。

やらなければならないことをやらなければ、社会的に未成熟と思われます。
経済的にも、お金を稼ぐことが出来ません。
要は、一人前扱いされずに孤独感を感じることになるわけです。

でも、そのやらなければならないことが、自分のやりたい事なら幸福ですが、もしそうでなく、そのことをやることで苦痛感を感じるなら、どうなるでしょうか?
それが自律神経失調症・うつ・パニック障害などです。、

やらなければならないことを優先しすぎると、体の求めていることを無視してしまいがちです。

たとえば、仕事が忙しくて休んでいない状態や、育児や家事が忙しくて自分のことが後回しになっている状態などがこれに当たります。

本当に求めていることをやってますか?

もちろん、仕事・育児・家事は大切なことですが、
自分の体が悲鳴を上げているにもかかわらず、仕事・育児・家事を優先し続けると病気になります。

最近はこれに介護も含まれてくるでしょう。

やらなければならないことをきっちりとやるのはとても立派です。

しかし、それが過度になると自分の体が求めていることを後回しにしてしまい、いつか病気になります。

ストレスが自分の許容範囲を越してしまっているからです。

心は見えない

この体調不良が検査の数値でわかったり、レントゲンやMRIで目に見えてわかるなら、自分で休む決断もしやすいのですが、ご存知のように見えたりはしません。

そのため、その苦しさを分からない方からは、心無い言葉をかけられたりするわけです。

また、他の人だけでなく更に困ったことに、自分自身が病気の自分を責めてしまいます。

ここで大重要なのは検査ではなく、「自分の体が何を求めているのか」ということです。

この求めていることを満たしてあげないことが多いと、色々な症状が出てしまうのです。

体の症状だけならばまだ分かりやすいですが、行動にも症状が出てきてしまいます。

ストレスは行動に出る

例えば、ジャンクフードが止められない。
ゲームやネットサーフィンが止められない。

これらは自分の体の欲求を満たしてあげていないので、代わりのもので満たそうとしているために起こります。

代わりのものですから、どんなにそれを行っても満たされることはありません。

そのため、その行動は延々と続けることになります。
お腹いっぱいなのに食べるのが止まらない。

半分寝ているのにネットが止められない。という状態です。あなたはこんなことありませんか?

これらは根本の欲求である、「体は何を求めているか」というのを満たしてあげると、自然と止まるようになります。

症状とは、体の欲求が満たされないことが続いていることを体があなたに教えているサインです。

どうか無視しないで大切に扱っていただきたいと思います。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 電話予約
  • 営業時間