Tap to close

体が元気だと意欲も出る理由です。

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

体が元気だと意欲も出る理由です。

今回のテーマは、体の健康と心の健康です。

”またか”と思われている方も多いと思いますが、大事なことなのでしつこくお伝えします。(;^_^

自分の体験と臨床例から判断すると、体が元気でなくては、心がネガティブになってしまいます。

体は健康でも、心がネガティブになっていたり
落ち込んでいたりしたら積極的になれませんよね。

逆に心がポジティブでやる気があるのに、体がだるい、痛いでは行動力が低下します。

実は、体と心がどちらか一方でも低下すると、もう一方も下がるのです。

このブログを読んで頂いている方の多くは
もう経験しているかと思いますが頭やお腹が痛い時に、ポジティブで行動的にはなれませんよね。

仕事に集中出来ずに早退したり、遊びに行かないで早く帰って休もうと思ったりしませんか?

これは当然です。
自己防衛が働いて体の回復を優先します。

心でやりたい事や楽しいと思うことより体の休息を取ります。

心が落ち込み不安が強い時、実は体の筋肉の力が低下しやすいのです。

筋肉の力が低下すると姿勢が悪くなり、背中や腰、肩や首が血流低下で痛みを感じやすくなります。

“心の落ち込みで筋力が落ちるの?”と疑問に思う方もおられると思いますが、当院の施術を受けた方には実際に体験してもらっているので、よくわかると思います。^^

当院に来たことがない方は、以下の実験をしてみましょう。

腕相撲をしてみてください。

・まずは楽しかった事、嬉しかった事などを思い出し、勝ったらご褒美がある事だけを考えてやってみてください。

・次に悩みや不安な事を思い出して、負けたら罰ゲームがある不安を考えてやってみてください。

筋肉の入り方の違いが分かると思います。
(相手との力の違いがありすぎて分からない人や感覚が低下している人は、また違う問題です(笑))遊び感覚でやってみてくださいね。

体の疲労や不調を感じたら、まず休息しましょう。

疲労が溜まっていたら入浴やストレッチ、ヨガ、整体などで回復しましょう。

寝不足が続いたら寝ましょう。
暴飲暴食をしたら内臓を休めましょう。

心の不調には色々な原因があると思いますが、信頼できる人に話をしましょう。(親、同僚、親友など)

不快な感情を吐き出して、泣いたり大声で怒りを出したりする事も必要です。

必要な時は専門的なカウンセリングも良いですね。

健康で元気であればやりたかった事が出来るようになります。

ドンドン新しい事にチャレンジしたくなりますよ^^。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 電話予約
  • 営業時間