Tap to close

興奮してますか?

電話予約アクセス

大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体大阪でうつ病・自律神経失調症専門 大阪城東メンタルヘルス気功整体

興奮してますか?

最近、いつ興奮しましたか?

日常生活の中で、体と心を興奮させていることはありますか?

今回は日々の生活の中で、スポーツや趣味などに没頭して”興奮”することの重要性についてお話ししていきます。

基本的なことですが、自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。

興奮は、緊張させる交感神経の働きを高めていくことになりますので、良くないと思われる方もいるかもしれませんね。

じつは、今回に説明することについては、そうでもないのです。

以前のメルマガで、症状は本能を抑え込むことが原因で出てくるものであり、本能を抑え込むと筋肉が緊張する事を説明しました。

それを発散させるために、声を出すことや筋肉運動をして、抑圧していたものを解放させる事を書きましたが憶えておられますか?

人間は誰しも、やりたいことがありますが、そのやりたいと思う気持ちを抑え込み、我慢することがよくあります。

考え抜いた末に、実際に自分がしたいこととは、違う行動を取る場合も多いでしょう。

大人になればなるほど、このようなことが多くなります。

幼児期の子供は、そこまで考え抜いて行動をしませんよね。

本能のままに行動します。
構って欲しい時には、泣いたり叫んだり抱きついたりして構ってもらいます。

本来これがストレスを溜めない行動なのです。

しかし、学校に行き・会社勤めをして社会生活の中で過ごしていると、本能のままに行動できない状況があります。

そこで、本当にしたいこととは、別の行動をとらざるを得ない場面が増えていきます。

嫌いな上司がいた場合、その下で働きたくない・・・

しかし、異動になるか会社を辞めるかしない限り、その上司の下で働くということになる。

この嫌いな上司の下で働きたくないという気持ちを我慢しながら仕事をすると、気持ちを抑圧するので、筋肉に緊張が生まれます。

これが多くなると、自律神経を乱す要因になっていきます。

これでは、辛いですよね・・・
少しでも自律神経の状態を良くするために、
体に症状が出てこないようにするために自分の出来ることを行いましょう。

そこで、今回お伝えしたいのが、「体と心を興奮させる」ということです。

抑圧することで筋肉の緊張状態が続くと、交感神経の働く力が弱まります。

交感神経の能力が10あったはずが、4になってしまっているというような状態になります。

そこで、あえて体と心を興奮させて刺激し、交感神経を活性化していきましょう。

活性化することで、4だったものが、6になり8になりと、交感神経を働かせる能力がだんだんと戻ってきます。

では、どのようなことで体と心を興奮させるのでしょうか?

例えば…
・スポーツ観戦に行き、周りと一緒に大声で応援する
・実際に自分が運動する
・駅などの階段をダッシュで上り心拍数を上げる
・カラオケで熱唱してみる
・楽しいアトラクションにチャレンジする
・ドキドキするようなものを観る

などといくらでもあります。

体と心を興奮させることで、今より交感神経の働きに磨きをかけましょう。

心拍数が上がっている状態に慣れさせましょう。

交感神経がより良く働けると、ストレス時の対処能力がアップし、ストレスに強い体と心が備わっていきます。

ただし、疲弊しきっていてエネルギーが全くない状態の時は、興奮させ過ぎるのは控えるか、小さな興奮から始めましょうね。^^

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア

ご予約・お問い合わせ

完全予約制

  • 電話予約
  • 営業時間